江口記念がん優秀論文賞および活動賞

年度
受賞者
第5回
平成29年度
江口記念がん優秀論文賞
受賞者:鈴木 賢一(がん研究有明病院薬剤部 副薬剤部長)
推薦者:林 稔展 (国立病院機構九州医療センター薬剤部 副薬剤部長)
論文題名:Randomized,double-blind, phase V trial of palonosetron versus granisetron in the triplet regimen for preventing chemotherapy-induced nausea and vomiting after highly emetogenic chemotherapy:TRIPLE study.
雑誌名:Annals of Oncology, 27(8),1601-1606 (2016) .
江口記念がん優秀活動賞
受賞団体:辻井 聡容(公立豊岡病院組合立豊岡病院薬剤部)
推薦者:森山 雅弘(兵庫医療大学大学院薬学研究科 臨床薬剤学教室)
活動名:がん化学療法の薬薬連携システムの構築
第4回
平成28年度
江口記念がん優秀論文賞
受賞者:安藤洋介(藤田保健衛生大学病院薬剤部)
推薦者:山田成樹(藤田保健衛生大学病院薬剤部 薬剤部長)
論文題名: Comparison between 5-day aprepitant and single-dose fosaprepitant meglumine for preventing nausea and vomiting induced by cisplatin-based chemotherapy.
雑誌名:Supportive Care in Cancer 24(2),871-878 (2016) .
江口記念がん優秀活動賞
受賞団体:渡部一宏(昭和薬科大学臨床薬学教育研究センター 准教授)
推薦者:後藤伸之(名城大学薬学部 教授)
活動名:がん性皮膚潰瘍臭改善薬メトロニダゾール外用製剤の市販化に至るまでのエビデンス構築と臨床における適正使用に向けた情報提供活動
第3回
平成27年度
江口記念がん優秀論文賞
受賞者:鐙屋舞子(秋田大学医学部附属病院薬剤部 主任)
推薦者:三浦昌朋(秋田大学医学部附属病院薬剤部 教授)
論文題名: Influence of UGT1A1 *6, *27, and *28 Polymorphisms on Nilotinib-induced Hyperbilirubinemia in Japanese Patients with Chronic Myeloid Leukemia
雑誌名:Drug Metabolism and Pharmacokinetics 29(6), 449-454,(2014).
江口記念がん優秀活動賞
受賞団体:池見泰明(京都大学医学部附属病院薬剤)
推薦者:自薦
活動名:“がん服薬サポート外来(薬剤師外来)”を基盤とした新情報共有ツールを活用した外来がん患者のコミュニティにおけるチーム医療体制の整備
第2回
平成26年度
江口記念がん優秀論文賞
受賞者:堀雄史(浜松医科大学医学部附属病院 副薬剤部長)
推薦者:他薦
論文題名:Changes in compliance with Japanese antiemetic guideline for chemotherapy-induced nausea and vomiting: a nationwide survey using a distributed research network.
雑誌名:Supportive Care in Cancer 22,969-977. (2013)
江口記念がん優秀活動賞
該当者なし
第1回
平成25年度
江口記念がん優秀論文賞
受賞者:辻大樹(静岡県立大学薬学部臨床薬効解析学分野 助教)
推薦者:自薦
論文題名:" Comparative trial of two intravenous doses of granisetron (1 versus 3 mg) in the prevention of chemotherapy-induced acute emesis: a double-blind, randomized, non-inferiority trial."
雑誌名:Supportive Care in Cancer 20,1057-1064. (2012)
江口記念がん優秀活動賞
受賞団体:長野県病院薬剤師会
推薦者:長野県病院薬剤師会会長 白澤吉哲
活動名:「長野県病院薬剤師会によるがん領域における薬剤師の専門的資質向上を目指した研修会(薬剤師専門講座)の開催」


戻る




Copyright © JSHP. All rights reserved.