ガイドライン等□□年次活動報告□□病院薬局協議会/学術フォーラム□□学術活動トップ




平成27年度日本病院薬剤師会病院薬局協議会/学術フォーラム開催のお知らせ


 昨年度まで医療薬学会年会前日に開催しておりましたが、本年より日本医療薬学会年会内に病院薬局協議会/学術フォーラムを開催いたします。今年度は、4つの継続小委員会と新たに「ポリファーマシー対策に係る薬剤師の関与ならびに有用性の調査・研究」を加えた、5つの学術小委員会の活動成果発表と、今後の活動内容についての討論、合わせて活動期間を満了した4つの小委員会の最終活動成果発表を行います。また、学術奨励賞と江口記念がん優秀論文賞の表彰式も執り行う予定です。
 「病院薬局協議会/学術フォーラム」は、薬剤業務や薬剤師の役割に関するエビデンス構築に関心を持つ全ての会員のためのものです。是非とも、多数の会員の方々にご出席いただき、活発なご議論を賜りますよう宜しくお願いいたします。


平成27年 11月
日本病院薬剤師会学術委員会
委員長 大森 栄





日 時:平成27年11月22日(日)13:30〜17:30
会 場:パシフィコ横浜 会議センター メインホール
主 催:一般社団法人 日本病院薬剤師会
共 催:一般社団法人日本医療薬学会、公益社団法人神奈川県病院薬剤師会



司会 島田 美樹

13:30〜13:35 開会の辞 学術委員会 委員長  大森 栄

13:35〜13:40 会長挨拶 一般社団法人日本病院薬剤師会 会長  北田 光一

13:40〜14:00 学術奨励賞授与式/江口記念がん優秀論文賞・活動賞授与式

14:00〜 学術委員会報告 学術委員会 委員長  大森 栄 



第1部 学術小委員会報告 座長 髙橋 結花、中村 敏明

14:00〜14:10 「ポリファーマシー対策にかかる薬剤師の関与ならびに有用性の調査・研究」
学術第1小委員会(平成27〜29年度 1年目) 委員長  武藤 浩司

14:10〜14:30 「医薬品リスク管理計画に向けた病院薬剤師の製造販売後調査支援に関する検討」
学術第4小委員会(平成26,27年度 2年目) 委員長  有馬 秀樹

14:30〜14:50 「周術期患者の薬学的管理と手術室における薬剤師業務に関する調査・研究」
学術第5小委員会(平成26〜28年度 2年目) 委員長  舟越 亮寛

14:50〜15:10 「精神疾患患者への適正な薬物療法に関する調査・研究」
学術第2小委員会(平成25〜27年度 3年目) 委員長  齋藤 百枝美

15:10〜15:30 「医薬品である静脈・経腸栄養剤の適正使用における薬剤師の介入に関する調査・研究」
学術第3小委員会(平成25〜27年度 3年目) 委員長  増田 修三



15:30〜15:40 休憩



第2部 最終報告 座長 髙田 龍平、中村 裕義

15:40〜15:55 「薬剤投与における薬剤・医療材料間の相互作用に関する調査・研究」
旧 学術第1小委員会(活動期間 1年間) 委員長  中村 浩規

15:55〜16:25 「外来化学療法における薬剤師の業務展開に関する調査・研究」
旧 学術第3小委員会(活動期間 3年間) 委員長  松尾 宏一

16:25〜16:55 「経管投与患者への安全で適正な薬物投与法に関する調査・研究」
旧 学術第6小委員会(活動期間 3年間) 委員長  倉田 なおみ

16:55〜17:25 「医療現場に必要な薬剤の市販化に向けた調査・研究」
旧 学術第4小委員会(平成27年度検討会へ移行したため、最終報告) 委員長  渡辺 享平



17:25〜17:30 閉会の辞 一般社団法人日本病院薬剤師会 副会長  松原 和夫



*なお、都合によりプログラムの内容等が変更となる場合もございますので、予めご了承ください。


問い合わせ先:日本病院薬剤師会 総務課  TEL:03-3406-0485  FAX:03-3797-5303



平成27年度日本病院薬局協議会/学術フォーラム要旨集はこちら


過去の開催プログラム


平成 26年日本病院薬剤師会病院薬局協議会プログラム

平成 25年日本病院薬剤師会病院薬局協議会プログラム

平成 24年日本病院薬剤師会病院薬局協議会プログラム

平成 23年日本病院薬剤師会病院薬局協議会プログラム

平成 22年日本病院薬剤師会病院薬局協議会プログラム






Copyright © JSHP. All rights reserved.