お問い合わせ会員のページ

TOP  施設紹介 

中国・四国ブロック

鳥取県  島根県  岡山県  広島県  徳島県  香川県  愛媛県  高知県


鳥取県



島根県


益田赤十字病院



当院は島根県西部に位置し、圏域の高度急性期・急性期医療の役割を担っています。赤十字病院として災害救護にも力を入れており、災害発生時には、薬剤師もDMAT・赤十字救護班のメンバーとして積極的に救護活動を行っています。
薬剤部では、患者・患者家族の方をはじめ地域の方からの声に耳を傾け、常に必要とされる病院薬剤師を目指しています。地域住民がこの地にいながら最高の医療を受けていただく環境を整えることが我々薬剤部の責務であると考えています。現在、薬剤師が不足している状況のため十分な体制ではありませんが、将来は全病棟における病棟薬剤業務実施ならびに全入院患者への完全服薬支援実施を目指しています。また、専門・認定薬剤師をさらに育成した上で、薬剤師外来を開設させ地域住民により質の高い医療が提供できるよう取り組んでいます。

基本理念:人道を尊び、地域の方とともに良質な医療を目指します
病床数:284床 診察科目:19診療科 病棟:6看護単位
所在地:〒698-8501 島根県益田市乙吉町イ103-1 TEL:0856-22-1480(代表)

http://masuda.jrc.or.jp/

2018/3



松江赤十字病院



松江赤十字病院は、自然豊かで神々に守られた島根の地にあります。
「人道・博愛」の赤十字精神に基づき、他の医療スタッフとの協働・連携によるチーム医療を実践しています。また、地域の基幹病院として、地域の皆様に安全な薬物療法を提供すべく日々業務に励んでいます。
質の高い薬物療法を目指して、薬剤師全員が研修、学会等に参加できる体制があります。資格取得にも積極的に取り組んでおり、費用面でのサポートもあり、各種認定薬剤師がその専門性を業務に生かしています。
また、院内の業務だけでなく、赤十字救護班の災害救護活動、院外処方箋の検査値表記・疑義照会簡素化プロトコル作成にも積極的に取り組んでいます。
20代~30代のスタッフが多く、全職員参加の大運動会、大忘年会等を通じて、他職種との交流も盛んです。
現在、病棟業務実施加算取得に向け、準備をすすめています。新人教育制度もあります。

病床数:599床 診療科:29診療科 病棟:16看護単位
所在地:〒690-8506 島根県松江市母衣町200番地 TEL:0852-24-2111(代表)

http://www.matsue.jrc.or.jp

2018/5



松江市立病院



松江市立病院では平成29年3月に新たにがんセンターを開設し、さらに中四国初となる抗がん剤調製ロボットを導入しました。最新のがん治療を学びながら、認定薬剤師を目指すことができます。また病棟薬剤業務実施加算取得に向けて病棟業務にも力を入れています。
★当院薬剤部の特徴★
・公務員のため給料体系・福利厚生が充実しています。
・各領域の認定薬剤師が、資格取得や学会発表の支援を行います。
・新人薬剤師も早期から病棟活動を実践できる環境が整っています。
・新人薬剤師は、先輩薬剤師の指導の下で「新人チェックリスト」を利用して日々の到達度をチェックし、見落としなくしっかり業務を学ぶことが出来ます。

病床数:470床 診療科:27科
所在地:島根県松江市乃白町32-1 TEL:0852-60-8000(代表)

http://www.matsue-cityhospital.jp/

2018/5


岡山県


岡山済生会総合病院



救急医療・入院に特化した岡山済生会総合病院と外来診療に特化した附属外来センターとして入院と外来機能を分離して診療を提供しています。
病院理念「あらゆる人々に手をさしのべる済生の心で、まことの医療奉仕につとめます」に基づき薬剤業務を行っています。医療スタッフとの連携を取りながら患者の薬物療法が適正で効果的かつ安全に行われるように意識して取り組んでいます。良質の医療を提供するために薬剤師から患者をはじめ医師、看護師、他医療スタッフへの情報提供、指導および教育を実施しています。各種認定薬剤師が各チーム医療の一員として活躍しており、地域がん診療連携拠点病院としてはがん診療の充実・強化に認定薬剤師が役割を担っています。若手薬剤師は各種認定資格を積極的に取得できるよう自己研鑽に努めています。また薬学部実務実習生の指導ならびに附属看護専門学校等の学生への講義など教育にも携わっております。

病床数:553床 診療科:35診療科 病棟:17看護単位
所在地:〒700-8511岡山県岡山市北区国体町2番25号 TEL:086-252-2211(大代表)

http://www.okayamasaiseikai.or.jp/sector/section_medicine/

2018/3



児島中央病院



児島中央病院 薬剤科は「患者中心とした医薬品の効果的な使用」を推進すべく、薬物療法の総合的適正化、後発医薬品使用促進、処方薬剤の削減に尽力しています。
電子カルテと連動したDIシステム・調剤支援システムなどが充実しています。
グループ病院というメリットを生かし、自施設以外での新人・中堅薬剤師研修制度の他、精神科病院での研修が可能です。また、がん化学療法・感染などの各種領域における部会を設け定期的に会議を行い、薬剤部体のスキルアップを目標に取り組んでいます。
薬剤部全体及びグループ全体での学術集会を毎年開催しており、学会発表などにも力をいれています。
認定薬剤師・指導薬剤師など各種学会・団体における認定・資格取得を推進しており、その為の研修参加費用補助など、各種制度も充実しています。

病床数:231床 診療科:18診療科 病棟:3看護単位
所在地:〒711-0912 岡山県倉敷市児島小川町3685 TEL:086-472-1611

http://www.kojimach.or.jp/sinryo/sector/pharma/index.html

2018/3



倉敷平成病院



社会医療法人全仁会グループは「救急から在宅まで何時いかなる時でも対応します」を理念に、急性期から在宅まで継続した医療を提供し地域医療の発展に努めています。その中核である倉敷平成病院は、一般急性期と回復期リハビリテーションを有する二次救急医療機関です。薬剤部の業務体制は縦割りでなく、全員で薬局中央業務、病棟薬剤業務、薬剤管理指導業務、多職種チーム医療等を兼務します。外来調剤は院外処方です。入職約半年後には先輩と一緒に病棟を担当し、薬剤管理指導業務にも取り組みます。また、感染制御・栄養サポート・褥瘡対策・認知症せん妄対策・糖尿病ケアなどの多職種チームが活動し、各々が、糖尿病療養指導士・感染制御認定薬剤師・NST専門療法士・骨粗鬆症マネージャー等の専門資格を取得して活躍しています。

病床数:220床5病棟(急性期127床、回復期リハビリ91床) 診療科:25診療科
所在地:岡山県倉敷市老松町4丁目3-38 TEL:086-427-1111

http://www.heisei.or.jp/

2018/3



岡山大学病院



薬剤部には薬剤師総勢80名が勤務しています。全診療科に薬剤師を配置し、安心・安全な薬物治療を実践しています。病棟では存在感があり、医療チームの一員として信頼される薬剤師を目指しています。そのために、コミュニケーション能力を高めるとともに専門性を鍛える努力を続けています。
教育面として、薬学生の実務実習では岡山大学薬学部、他の薬学部学生を年間40数名受け入れ、次世代の薬剤師育成を行っています。
さらに、薬剤部内に大学院医歯薬学総合研究科の研究室も設置されています。臨床現場に所属している特徴を生かし、薬物療法で発生した問題点を薬学の諸学問を基盤に、その解決を図る基礎および臨床研究を行っています。

創立(医学部):明治3年(1870年)
病床数:855床 診療科:47診療科 病棟:25看護単位
所在地:〒700-8558岡山県岡山市北区鹿田町2-5-1 電話番号:086-223-7151

http://www.okayama-u.ac.jp/user/hos/yaku.html

2018/3



重井医学研究所附属病院



・1979年緑に囲まれた高台に、腎臓病を専門とする医学研究所の附属病院として開設され、内科、小児科、外科による一般診療に加えて、腎臓病、消化器・肝臓病、および糖尿病などの生活習慣病の専門的診療を行っています。また岡山県内最大規模を誇る血液浄化療法(透析)センターを有しています。
・チーム医療の中で医師・看護師らと連携を図り、患者の病態やライフスタイルに配慮した処方提案を積極的に行ない、アドヒアランスの向上を促すよう病態を理解した上での服薬支援を心がけています。
・中小病院の強みである小回りの利くフットワークとチームワークで業務に取り組んでいます。とことん楽しみ、とことん打ち込むのが私たちの流儀です。

http://www.shigei.or.jp/smrh/yakuzai.html

2018/3



津山中央病院



岡山県北部にある津山中央病院は地域の期間病院としてお断りしない医療をモットーとし患者さんに優しく寄り添う医療を目指しています。
当薬剤部では調剤業務や各病棟薬剤師による病棟業務を始めとして、外来化学療法センター・陽子線センターを中心とした抗癌剤治療や薬物血中濃度測定を用いた投与設計など幅広い業務を担っています。
日本医療薬学会認定薬剤師研修施設・がん専門薬剤師研修認定施設・薬物療法専門薬剤師研修認定施設、日本静脈経腸栄養学会NST専門療法士認定教育施設に認定されており勤務する薬剤師の研修施設の役割も担っています。
平成24年より就実大学薬学部・大学院医療薬学研究科(岡山市)と連携を結んでおり社会人大学院という道も可能です。

病床数:535床 診療科:28診療科 病棟:12看護単位
所在地:〒708-0841 岡山県津山市川崎1756 TEL:0868-21-8111

http://www.tch.or.jp/pharmacy.html

2018/4



岡山市立市民病院



岡山市民病院は2014年4月に独法化され、翌15年5月に岡山市北区北長瀬に新築移転し、「新生・岡山市民病院」としてスタートを切りました。病床数400床、薬剤師数28名の中型急性期病院として、「救急」「教育」「災害対応」「地域医療ネットワークづくり」を柱に実践に努めています。病院へのアクセスは最寄りの北長瀬駅と直結しています。新大阪の駅を出て,1時間後には病院に着く事が出来ます。薬剤部は病院1階に設置されており、大きく調剤部門、病棟部門、治験部門、DI部門の4つの部門があります。若手育成には、それぞれ調剤・薬品管理・病棟・治験業務に携わる教育プログラムを作成し実践しています。各入院フロアには「サテライトファーマシー」を設け病棟業務の拠点としています。また,業務の共有化や改善を目的とし,毎日全員でカンファレンスを行っています。今週の個人目標,病棟業務時間の確認,指導数,プレアボイド,インシデント,介入率等の報告を日替わりで行っています。学会・研修会等の参加は5つのチームを編成し,チーム単位で目標を決め,発表および参加を推進しています。

病床数:400床 診療科:20診療科
所在地:〒700-8557 岡山市北区北長瀬表町3丁目20番1号 TEL:086-737-3000

http://okayama-gmc.or.jp/shimin/guide/guide_detail/index/44.html

2018/4



岡山赤十字病院



岡山赤十字病院薬剤部は、和と笑顔をモットーにしております。入社1年目から病棟に行くことが出来るよう先輩方が丁寧に指導してくれます。認定や個人資格取得にも全面的にバックアップ体制を構築しております。学会発表は入社2年目から行っており症例検討会発表や若手薬剤師の勉強会で成果をアピールできる場もあります。災害救護訓練は毎年行っており、発災直後から出動できる態勢をとっています。各委員会やチーム医療にも積極的に参加しており、薬剤師の職能を発揮しております。岡山赤十字病院は医師・看護師らとの距離が近く、病棟の歓迎会や忘年会等必ず参加しております。また赤十字病院は全国にあり、年2回全国研修会を開催する事により、横のつながりも強く他施設との情報共有も出来ております。

http://www.okayama-med.jrc.or.jp/

2018/4



川崎医科大学附属病院



・調剤・製剤・服薬指導・医薬品情報活動など、患者さんに安全な医療を提供できるよう薬物療法に寄与しています。
・がん、感染制御、HIV、緩和薬物療法、NST、糖尿病等各種の専門、認定薬剤師がおり、様々なチームの一員として活躍しています。
・大学病院ならではの多種多様な処方に触れることができ、着実に薬に対する知識も身についていきます。症例数も多いため、様々な資格取得が可能です。
・各大学の薬学部・薬科大学の実務実習生を受け入れ、学生への指導を行っています。
・大学施設の図書館も自由に利用できるので、文献検索、研究、自己研鑽のための環境が整っています。
・職員の親睦を図る互助会制度があり、各種スポーツ大会、納涼大会や年忘れ退会、バス旅行などがあります。また、家庭と仕事の両立ができる環境づくりをサポートしています。

病床数:1182床 診療科:35診療科 病棟:23看護単位
所在地:〒701-0192 岡山県倉敷市松島577 TEL:086-462-1111

https://h.kawasaki-m.ac.jp/data/dept_111/dept_b_dtl/

2018/4



吉備高原ルミエール病院



医療・保健・福祉が一体化した包括医療の実現をめざす当院は、関連施設と連携を図りながら、高齢者医療・介護に積極的に取り組んでいます。 TPN・24時間持続PPNの混注業務、服薬状況の確認を含めた定期薬・臨時薬の与薬業務、完全常駐型の病棟薬剤業務など、チーム医療に不可欠な薬剤師をめざして業務展開を図っています。 また、院内外の研修会・講演会に積極的に参加し、新しい知識を取り入れながら、常に新しい業務展開につなげられるように努めています。 さらには、個々の薬剤師のモチベーションを高め、専門性を深めるために積極的に学会参加・発表も行っています。研究テーマによっては大学・企業などと連携を図り、共同で研究活動も行っています。 今後も臨床現場の中から、リサーチマインドを持って、新たな業務開拓を続けています。

病床数:116床 診療科:5診療科 病棟:2看護単位
所在地:〒716-1553 岡山県加賀郡吉備中央町宮地3336-15 TEL:0866-55-5331

http://www.kibi.ne.jp/~rumihp/

2018/9


広島県


中国労災病院



中国労災病院薬剤部では、「患者さんの立場に立ってより良い薬物療法を支援する」という理念のもと、全病棟に薬剤師を配置し薬剤管理指導業務に力を入れています。患者への薬剤の情報提供だけではなく、検査値や患者の状態をモニタリングし、治療効果の向上及び副作用の予防・早期発見に貢献できるように努めています。外来においても院外処方せんに検査値を記載し、保険薬局と連携することでより適正で安全な薬物療法の推進を目指しています。
また日常業務だけではなく、薬学部臨床実務実習の受け入れや研修医・新任看護師へのガイダンスなどを実施し、学会発表や論文投稿などを積極的に行って、各種認定・専門資格の取得を目指しながら、様々な面で医療に貢献できるよう研鑽を積んでいます。

病棟薬剤業務実施加算Ⅰ・Ⅱ算定施設
日本医療薬学会 (認定薬剤師研修施設・がん専門薬剤師研修施設・薬物療法専門薬剤師施設)
病床数:410床 診療科:27 病棟:9看護単位
所在地:〒737-0193 呉市広多賀谷1-5-1 TEL:0823-72-7171

http://www.chugokuh.johas.go.jp

2018/3



広島市立広島市民病院



当院は救命救急センター、総合周産期母子医療センター、癌化学療法センター等の各種センター機能と最先端の医療機器を有し、全国区の診療実績で中国・四国地方の高度先進医療の拠点となっています。薬剤部は高度な薬物療法を支え、病棟活動、医療連携、チーム医療、臨床研究、講演活動など様々なフィールドで活躍しており、多くの認定・専門薬剤師も所属しています。充実の研修プログラムと優しい先輩薬剤師のサポート体制で、スキルアップにも最高の環境が揃っています。
当院は中四国最大の都市である広島市中心部の恵まれたロケーションに位置し、屋上庭園、プロムナード街、職員専用展望レストランなどのアメニティ施設も院内に備えています。和やかで笑いの絶えない薬剤部の雰囲気も自慢で、薬剤部内の民主的な運営、情報共有、子育て支援も大切にしています。夏季休暇には大勢の職員が長期旅行に出かけますし、親睦イベントも多数開催しています。

病床数:743床 診療科:32科 薬剤師:47人
所在地:〒730-8518 広島市中区基町7-33 TEL:082-221-2291

http://www.city-hosp.naka.hiroshima.jp/search/department_dtl.php?c=2&m=1&#tab1

2018/3



呉市医師会病院



当院は昭和36年に呉市医師会が開放型病院として開設し、地域のかかりつけ医との連携により地域医療を支えてきた歴史有る病院です。現在は急性期・慢性期・地域包括ケア病棟を有し、在宅療養後方支援病院としての機能も備えています。そして当薬剤科も院内チーム医療の一員として各種委員会活動に参加し、院内のスタッフとの連携を図ることは勿論、時には地域のかかりつけ医と連携を取りながら業務を行っております。また、入院患者さんには、病棟薬剤業務や薬剤管理指導業務を通じて入院時から関わり、退院前の院内・院外多職種合同カンファレンスにも参加し薬物療法の面から患者さんのサポートを行っています。

病床数:207床 診療科:5 病棟:4
所在地:737-0056 広島県呉市朝日町15-24 TEL:0823-25-7703(薬剤科)

http://www.kure.hiroshima.med.or.jp

2018/3



五日市記念病院



●五日市記念病院では、臨床薬剤科という名前の通り、できる限り臨床の現場で活躍することをモットーとして、薬剤師はすべての入院患者に関わっています。TPNや抗がん剤のみならず末梢注射の混合など新たな業務にもチャレンジしています。
●院内感染対策チームやNST、褥瘡対策委員会など、様々なチームの一員として薬剤師が活躍しています。また、病院の特徴的な活動として、脳卒中教室を毎週行っており、薬剤師はその中心的な役割を担っています。
●感染制御認定薬剤師、抗菌化学療法認定薬剤師、緩和医療薬学会認定薬剤師、日本糖尿病療養指導士など、各種認定薬剤師も在籍しており、専門資格の取得や学会発表、論文投稿の支援なども行っています。
●新入職員には指導担当者がつき、薬剤業務の指導はもちろん、やりがいを持って楽しく働けるよう、様々な支援を行う体制をとっています。

病床数:180床 診療科:6診療科 病棟:3看護単位
所在地:〒731-5156 広島県広島市佐伯区倉重1-95 TEL:082-924-2211

http://www.seifu.or.jp/imh/index.html

2018/3



広島記念病院



昭和22年外務省外郭団体により、外地引揚者の援護活動及び原爆被災者の救済を目的に開設された病院です。地域医療支援病院として、最良の医療サービスを提供することを理念に掲げ、これまで良好な地域連携を推進して参りました。特に胃がん、大腸がんに代表される消化器疾患を専門としており、平成28年には消化器センターを開設致しました。
病院の理念に沿って我々薬剤師も業務展開をしており、抗がん剤の無菌調製や服薬支援などを中心に、病棟や外来を問わずパワフルに活動しています。近隣の施設との合同研修会など、自己研鑽する機会も多く恵まれた環境と言えます。学会などにも積極的に参加しており、日本医療薬学会認定薬剤師研修施設を目指しています。

病床数:200床 診療科:25診療科 病棟:4看護単位
所在地:〒730-0802 広島市中区本川町1丁目4番3号 TEL:082-292-1271

http://www.kkrhiroshimakinen-hp.org/

2018/3



庄原赤十字病院



広島県北部の中国山地に位置する庄原市唯一の総合病院として、急性期から慢性期までの幅広い治療を行う“地域医療の砦”として医療に取り組んでいます。また、赤十字の重要な使命の一つである災害救護も行っており、薬剤師も救護班の一員として参加しています。
高度医療、チーム医療、地域医療に貢献できる薬剤部をめざし、様々な業務や研修・認定資格取得に力を入れています。

http://www.shobara.jrc.or.jp/

2018/3



馬場病院



馬場病院は1903年に開業以降110年以上にわたり、広島県竹原市で地域医療を担っています。
馬場病院の方針で地域への関わりは多く、県内では珍しく病院薬剤師が在宅患者への服薬指導・支援を行っています。在宅訪問を行うことで、患者様が自宅での薬の管理方法を確認することが出来たり、直接薬とは関係がない、医療に関する質問があったりと、医療人として幅広い知識が身に付き、病院の中ではなかなか出来ないことが体験出来ます。
また、学会や講習会などにも積極的に参加し、自己研鑚にも力を入れています。
80床と決して大きな病院ではありませんが、チーム医療や委員会活動、院内研修会など他職種との連携もしっかり行っており、小規模病院ならではの多くの経験が出来る病院です。

病床数:80床 病棟数:2病棟 診療科数:12 現薬剤師数:1名
所在地:〒725-0012 広島県竹原市下野町1744 TEL:0846-22-2071

http://www.rakuseikai.jp

2018/5


徳島県


鳴門山上病院



鳴門山上病院は、高齢者の理想郷を目指して1977年に設立しました。鳴門市における地域医療の中核施設として日本医療機能評価機構の認定(LL5-4号)を受けています。
「わたしも受けたいケア、わたしも利用したい施設、わたしたちは、それを目指します」という普遍的な理念のもと、患者さんやご家族に寄り添い、地域に根ざした切れ目のない医療・介護・福祉を提供しています。
薬剤師は、すべての病棟で薬学的ケアを実践し、入院前から退院後を踏まえた連携のもと、医師、看護師、管理栄養士、リハビリスタッフ、医療福祉相談員等の多職種と共にチーム医療・チームケアを提供しています。
2018年3月には、新病院竣工を予定しています。

病床数:200床 診療科:10科 病棟:4看護単位
所在地:〒772-0053 徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字高砂205番地29 TEL:088-687-1234 (代表)

http://www.kyujinkai-mc.or.jp

2018/3


香川県



愛媛県



高知県


近森病院



患者さんに早く元気になって自宅に帰っていただけるよう薬物療法に関わることを業務の柱としています。業務で必要となる病態を正しく理解し薬剤と結びつける力を身につけるため集中病棟での教育カンファレンスや子育て中の薬剤師に向けてのランチカンファレンスなど継続して学ぶ機会を提供し、臨床に強い薬剤師の育成に力を入れています。また職種間の垣根が低く、チーム医療を実践しやすい病院風土であることは、集中病棟を含む全16病棟に薬剤師が常駐し学んだ知識を活かせる環境に繋がっています。
患者さんや他職種から必要とされ、薬剤師が誇りを持って元気に働ける薬剤部であることを目指し、自由な発想で、柔軟に変化し続けていきたいと思います。

病床数:512 病棟数:16 診療科数:30 薬剤師数:30
所在地:〒780-8522 高知県高知市大川筋1丁目1-16 TEL:088-822-5231(代表)

http://www.chikamori.com/

2018/3