令和4年4月11日
がん診療連携拠点病院等
薬剤部科長 殿

一般社団法人 日本病院薬剤師会



がん薬物療法認定薬剤師研修事業に係る暫定研修施設の新規募集について


 平素より、日本病院薬剤師会にご高配を賜り御礼申し上げます
 この度、がん薬物療法認定薬剤師研修事業の研修体制を拡充することを拡充することを目的とし、がん薬物療法認定薬剤師研修事業実施要綱において、現在本会の認定する研修施設ではない厚生労働大臣が指定するがん診療連携拠点病院等(地域・都道府県・特定地域がん診療連携拠点病院、地域がん診療病院、小児がん拠点病院および国立がん研究センターのこと)において、「日本病院薬剤師会が認定したがん薬物療法認定薬剤師あるいは日本医療薬学会が認定したがん指導薬剤師、がん専門薬剤師が1人以上常勤していること。」を満たしている場合に、暫定研修施設(外部から研修生を受け入れない)として本会が認定する取扱いとなりました。
 本研修の暫定研修施設の申請を検討されている施設におかれましては、がん薬物療法認定薬剤師研修事業実施要綱を確認の上、以下の「がん薬物療法認定薬剤師研修事業認定研修施設(暫定研修施設)申請書」の様式をダウンロードし、必要書類等を準備いただき、令和4年5月9日(月)(必着)までに日本病院薬剤師会事務局宛に郵送していただきますようお願い申し上げます。
 なお、オンライン申請フォームに申請施設情報等の入力をお願いいたします。(アップロード期限:令和4年5月6日(金)まで)

  1. 申請対象

    申請時に、「厚生労働大臣が指定するがん診療連携拠点病院等(地域・都道府県・特定地域がん診療連携拠点病院、地域がん診療病院、小児がん拠点病院および国立がん研究センターのこと)であり、がん薬物療法認定薬剤師研修事業実施要綱の「3.施設と設備 (1)施設のBを満たしている場合」に記載されている要件を満たしていることが必要です。対象施設一覧はこちら
    ただし、既に本会の認定する研修施設の場合は、本申請の対象外です。

  2. 申請書類(以下の@、Aの書類を全て郵送してください。)

    @認定研修施設申請書様式1〜3
    A申請に関連する添付書類
    (厚生労働大臣によるがん拠点病院指定書の写し、研修指導薬剤師等の各種認定証の写し)

  3. 審査結果

    暫定研修施設の認定につきましては、がん専門薬剤師部門研修委員会による審査を行い、理事会の承認を得た上で、認定の可否について文書にて通知いたします。

  4. オンライン申請フォーム

    オンライン申請フォームはこちらをクリックしてください
    ※郵送に先立ちオンライン申請フォームへの入力・アップロードを必ず行ってください。

申請書の送付先
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2丁目12-15 日本薬学会長井記念館8階
一般社団法人 日本病院薬剤師会 事務局事業課

※ 封筒の表書きに「がん薬物療法認定薬剤師研修事業認定研修施設申請書(暫定研修施設)」と明記し、全ての様式及び添付書類を郵送してください。
上記郵送用住所、受付番号等はオンライン申請フォームへの入力が完了すると受付メールで表示されますので、そちらを切り取り封筒に貼付することもできます。


【問い合わせ先】 一般社団法人日本病院薬剤師会
事務局事業課 E-Mail:jigyo@jshp.or.jp


がん薬物療法認定薬剤師研修事業認定研修施設申請書(暫定研修施設)のダウンロードはこちらからです(以下をクリックしてください)。

・郵送に先立ちオンライン申請フォームへの入力を必ず行ってください。
・様式2,3はオンライン申請フォームのみで出力できます。フォームへの入力を完了すると出力(印刷)できるようになります。




がん薬物療法認定薬剤師認定申請書・様式2・3
オンラインフォームに入力後、申請書を印刷し、厚生労働大臣によるがん拠点病院指定書の写し、研修指導薬剤師等の各種認定証の写しを添付してください。










Copyright © JSHP. All rights reserved.